ビルメンは楽?待機時間と残業

ビルメンは残業がほぼありません。ちょくちょくある待機時間中に自分の仕事は消化できますし、シフト制なので引継ぎが終われば帰ってしまっても問題ないからです。「ビルメンは楽」と言われる大きな理由の一つです。

給料は安い。

待機時間は慣れないと逆に苦痛ですが、経験を積めば自由時間と変わらないので、少ない残業、転職が容易という点と合わせて、待機時間が多いという点もビルメンの大きな利点の一つと言うことができるでしょう。

しかし、残業が少ないという点は、残業代で稼げないという欠点でもあります。

ワークライフバランスといってもワーク=給料面が少なすぎると、ライフ=生活面にも影響が出てきます。

資格と経験を揃え大手系列系に転職すれば、年収400万台からスタートで勤続年数次第では平均年収並にはなります。とはいえ、大手系列系は年収が上がった分、仕事も大変になります。(ビルメンとしては、ですけど)

また、商業施設などの残業が多い現場も存在していますが、いわゆるハズレ現場に該当します。楽を求めてビルメンになったのに、なぜ大変な思いをしなくてはいけないのか、と考え転職してしまう人も少なくありません。仕事を覚えるという点では、結構良い現場のようですが。

時間は平等に与えられる

給料が高いということは、そもそも入社が難しいか、相当な激務ということになります。ビルメンは比較的入社しやすく他業界と比較して楽な仕事なので、必然的に給料は安くなります。

残業代が少ないのも、「楽なんだから当たり前」と捉えて、プラスに考えるべきでしょう。 ちゃんと節約すれば生活できるだけの給料は貰えますし、お金のかからない趣味ならば存分に楽しむ時間があります。

時間は誰にでも平等に与えられますので、大切にしていきたいですね。