【スパクロ】Ωバイカンフー!コア生みアタッカーとして強力なファイター!

コア生みアタッカーとして優秀なΩバイカンフー。必殺技は複数ありΩ化しなくとも十分強いのですが、やはり目玉はΩスキルを用いた戦法です。

Ωスキルとは、同じΩユニットを強化合成して限界突破することで解放される必殺技です。他の限界突破法としては同じユニットの別バージョンを素材にする、限界突破素材を使用するなどがあります。

VSにおいて、Ωスキルは結構重要になってきます。私もΩ化した上で覚醒チップ分を凸、限凸素材投入などでレベル80にしましたので、使用感などを書いていきます。

Ω化できなくても十分

バイカンフーはΩ化前の必殺技でも十分に強力。Ωスキルはコア3つ必要ですが、コアが2つだけの場合、コア2個消費のΩ化前の必殺技が使用可能になります。

威力が若干落ち、HP50%回復でなく25%回復、1ターン1000の行動力アップが付かないなどの欠点がありますが、その他は大体似た性能。「命中率・CTR率が50%高い合計6回の連打スキル」という点が一緒です。後述しますが、コア生みとしては連打数とCTR率が大事なのでΩスキルと同様の使い方ができます。

Ω化前のメリットは必要コアが2個であるという点。カマーD1やブラνなどの支援攻撃してくれる機体が存在すれば、多くの場合1個はコアがある状態となりますが、ロム自身が「自分のターン開始時にコア1つ獲得」のスキルを所持しており、ほぼ確実に必殺技を使えます。

ちなみに、オート戦闘を多用する闘滅では、確実にコア2個消費となり同じく6連打スキルである必殺技2の方が便利かも。演出短いし。

しかし、もちろんΩ化スキルの方が強力になります。行動力を上げて高威力の必殺技を連打するのが重要になってくるためです。

コア生みアタッカーとして優秀!

バイカンフーは「必殺スキルがクリティカルのとき、装甲100%無効・さらにレインボーコア獲得」というスキルを持ち、コア生みとして6回の連打スキルが活きます。

また、自バフで攻撃力・命中率に+100%の補正がありますので、装甲100%無効と必殺スキルの防御無効・分身無効・バリア貫通と合わせて強力なアタッカーとなれます。

防御面が脆ければ闘滅ですら使いづらいですが、「全属性のダメージを85%軽減するバリア」を持ち、「最大HP20000アップ」もあるため、他キャラにより装甲や軽減率を足してやれば強力な壁にもなり得ます。闘滅のボス相手ならば軽減バリアのみでも割と持つので十分ではありますが。

固めの機体としては行動力が高い

バイカンフーはΩスキルの「運命両断剣ツインブレード」に1ターン行動力1000アップがあります。毎ターン必殺技が使えるコアがあれば、ダメージ軽減バリアと最大HPアップを持つ固めの機体としては行動力が高いことになります。

パイロットパーツの精神コマンド「激闘(2ターン、与えるダメージと命中率が30%アップし、行動力500アップ・再使用5ターン)」でさらに行動力を増やせますので、Pチップに余力があれば交換必至。

初期行動力+アビ分だけだと2000ちょっとの行動力なので初動は遅いですが、ファイターにはサラ子やカマーD1などの強力なバフ機もいますので補いやすいです。ケーン・サラ子・サンタドリンがいれば、行動力目安はケーンのリーダースキル込みで4300程度。コア生みしつつ、カマーUC組の一角を崩すくらいならできそうです。

固い編成もアリかも?

あるいは、カマー號やFマジンカイザーと組み合わせてさらに固めの編成にしてしまうというのもアリです。この編成だとダメ軽減を配る役割の號があっさり落とされると脆いですが‥。

私もΩ零号機(號の後ろに)・Ω初号機(リーダースキル&號の壁用)と組み合わせて超固めの耐久編成にできないか模索中。限界突破が完全じゃないから組み切れないんですけどね。。。ロムがアタッカーとしてどれだけ落としてくれるかが勝負ですね。防衛なら、ある程度落とせればマジンカイザーが粘って相手が諦めてくれますので‥。

まあ、使った感じだと攻めならサラ子・ケーン・ドリン編成の方が強いですけど。防衛でガーディアンを活かす耐久戦法として、一考の余地ありです。