【日常】ビルメンの普段の仕事とは?大きな現場と小さな現場の例

ビルメンってどんな仕事?普段何してるの?という人も多いと思います。

私は設備常駐員として大きな現場、小さな現場を経験しましたので、その両方の普段の業務の一例を書いていきたいと思います。

~ビルメンの普段の仕事とは~

大きな現場の例

9:00~9:30 朝礼

9:30~12:00 日常点検

12:00~13:00 休憩

13:00~14:30 日常点検

14:30~15:30 点検票まとめ

15:30~16:30 監視業務

16:30~17:00 球替え

17:00~17:30 監視業務

17:30~18:00 夕礼

日常点検について

大きな現場では日常点検役にあたるかどうかはシフト次第ですが、月例点検にあたった場合もほぼ同様です。月例点検も毎日のようにありますので、日勤者はほぼどちらかに当たることになります。

基本的には広い館内を歩き回ることになりますので、地味に体力を使います。それでも、黙々とこなせば良いだけの比較的簡単な仕事になりますので、日常点検をやりたがる人もいます。

監視業務について

そもそも監視業務とは、システムにて監視している設備の状態や異常の警報が出たらすぐに対応できるように監視している状態のことです。‥待機時間とも言います。

大きな現場の場合、この時間がサボれるかどうかという点では実力次第。比較的楽な事務処理を抱えてしまえばそれに没頭できたりもしますので、上手いことやればかなり楽です。もちろん、不具合の対応が入れば出動しなくてはいけませんけどね。

球替えについて

大きな現場では専用部(テナント)の球替えは受けていないこともあります。膨大な数になってしまいますからね。

LEDに全て置き換わったとしても、無くなりはしない仕事です。基本難しい仕事ではありませんが、地味に高所作業だったり、古い電球は割れてしまっていたり、油断大敵です。

小さな現場の例

9:00~9:30 朝礼

9:30~12:00 監視業務

12:00~13:00 休憩

13:00~14:00 監視業務

14:00~15:30 月例点検

15:30~16:30 監視業務

16:30~17:00 日常点検

17:00~18:00 監視業務

監視業務について

監視業務多すぎだろ!と思うかもしれません。‥小さな現場では、ほぼ待機時間です。

‥とはいっても、抱えている事務処理を行う時間にしたりもしますので、丸々サボっているわけではありませんよ!

あまりに暇な場合は、時間がかかる仕事をあえてゆっくりやるのも手かもしれません‥。

日常点検について

小さな現場の日常点検では30分~1時間程度で終わってしまうことも多いです。シフトの人員が一定数いれば、日中に月例点検も行います。

大きな現場と違う点は、ほぼ全ての月例点検にあたるということ。大きな現場では、2~3年いてもやったことのない点検があるなんて普通ですからね。。。

「全体を見れる」という点では、小さな現場にもメリットはあります。楽できるばかりがメリットではありませんよ!

球替えについて

球替えがない日もあるのが小さな現場。何にも対応がない日というのが、正月に人がいないとかでもないのに存在しています。

とはいえ、1件くらいはどこかの時間帯であったりしますけどね。

成長なら大きな現場、楽なら小さな現場

成長したければ大きな現場の方が良いのは間違いないでしょう。設備も滅多に見られないものがあったりしますからね。

しかし、ビルメンへ転職するような人は、「楽したい」というのが本音では?やはり、楽なら小さな現場が理想ですね。

上記に2パターンビルメンの仕事例を書きましたが、イメージできたでしょうか。「監視業務」というのが、待機時間(サボり時間)でもあり、ビルメン本来の業務でもあります。やることは別のちょっとした事務処理だったりしますが、不具合対応や緊急時の対応に備えるのが本来ですからね。

ぼんやりとしていたイメージが少しでも具体的になれば幸いです。飛び込んでみると、思っていた以上に楽、なんてこともあるかもしれませんね!