【モンスト】初心者向け~序盤の進め方

モンスターストライクの初心者向け情報です。リセマラから序盤の進め方を簡単にまとめます。

①リセマラ

リセマラとは、リセットマラソンの略です。チュートリアルをクリア後に入手できる課金アイテムでガチャを回し、強力なキャラを入手するまでリセットを繰り返す手法です。

モンストは汎用的に使える強力な友情コンボを持つ「マナ」などの強キャラがいますので、リセマラはやっておいた方が良いです。

~まずはチュートリアルをクリア~

ゲームを開始してから簡単なチュートリアルがあります。これを終えた時点でガチャは回せます。

しかし、ノーマルクエストを進めつつ配布モンスターを貰い、運極モンスターである「サンクチュアリドラゴン」入手まで進めておけば、gamewithのマルチ掲示板アプリで、難易度の低い「亀クエスト」の運極募集に参加でき、顔合わせボーナスが回収可能。

自宅の回線があまり早くない場合は、リセマラを数こなすよりサンクチュアリドラゴン入手まで進める方が効率は良いです。

~リセマラするなら「月半ば」か「月末・月初」~

モンストでは、「月半ば」に「激・獣神祭」、「月末・月初」に「超・獣神祭」という期間限定ガチャイベントが開催されます。強力な限定モンスターが入手できる可能性がある上、★5の排出率も上がっていますのでガチャの回し時になります。

「超・獣神祭」ならば「マナ」が長く使える強力なキャラになります。

②各種仕様解説

~運極とは?~

キャラには「ラック(運)」と呼ばれるステータスが存在します。ラックの値が高いほどクエストクリア時に報酬がドロップしやすくなり、★6キャラの上限ラック99まで到達すると「ラックボーナス」が+101付与され、最大ラックの「200」になります。

200%報酬の宝箱がドロップするという意味で、宝箱が2つ確定になります。★5キャラのラック上限「90」では、宝箱一つ確定ではありませんが、イベントでラック+10のクエストが開催される場合はさらにラックボーナスが付き、宝箱2つ確定になります。

強力なキャラはガチャで手に入るんだし意味ないのでは?と初めは思うかもしれませんが、モンストの最大の楽しみとして、「運極」を増やしていく、ということが挙げられます。

そのためには「運極」のキャラをクエストに連れていき、周回数を減らすためにラックボーナスにより宝箱のドロップを多くする必要があります。

ちなみに、ガチャ限定キャラにも「ラック」の概念は存在しますが、キャラ数は1000を軽く超えますので、ガチャ限運極は一部のリッチな人たちしかできないと思っていて良いです。

ガチャ限でも★4(進化後★5)は排出率も高く、ラック上限が75なので運極(★5の最大値75+15=90)にしている人も割といますが。

~ギミックとは?~

「重力バリア」「地雷」「ワープ」「ダメージウォール」などが主なギミック。

キャラの「アビリティ」によって、「アンチ重力バリア(AGB)」「飛行・マインスイーパー(MS)」「アンチワープ(AW)」「アンチダメージウォール(ADW)」というものが存在し、ギミックを無効化できます。

簡単なクエストではギミックを無視してもクリアできますが、ほとんどのクエストでは複数のギミックが出現し、ギミック対応していないキャラは能力が発揮しづらくなります。

モンストはプレイ回数を重ねて「プレイヤースキル(PS)」を上げるのも大切になりますが、基本的には「キャラゲー」の割合が大きいです。

運極を増やしていきつつも、次に作りたいキャラのクエストのギミックに対応した運極を持っていなければ苦労しますので、序盤は結構大変です。地道に運極を増やしつつ、配布オーブ・クリアオーブでガチャを回していくしかありません。

~撃種とは?~

キャラには「反射」と「貫通」という二つの撃種があります。モンストは「引っ張るだけ」とお手軽操作が売りの一つであり、基本はおはじきのような「敵にぶつける」という操作です。

「反射」は敵にぶつかると跳ね返りつつ多くのダメージを稼ぎ、敵に多くぶつかっても止まりにくいという利点がありますが、敵や障害物に挟まれると動きづらいという欠点があります。

「貫通」は敵を貫通し敵の弱点を狙いやすい等の利点がありつつも止まるまでが早いという欠点があります。

おなじ「属性」「アビリティ」でも撃種が違うと大違いです。中には、特定の撃種しか活躍できないクエストも存在しています。

~友情コンボとは?~

キャラを引っ張って他のキャラにぶつけると、1ターンに一度だけぶつけられた方の「友情コンボ」が発動します。「レーザー」や「ホーミング」など、通常攻撃で敵にぶつかるより強力な場面も多いですので、はじめたての場合は友情コンボを狙う方が安定します。

「爆発系」の友情コンボなどの例外もあり、ぶつかりに行ったキャラの方の友情コンボも発動することになります。その分、爆発の範囲は狭めで威力は低くなっています。

~ストライクショットとは?~

いわゆる「必殺技」。必要ターン数は大きいものが多いですが、一定ターン経過後にキャラの弾く順番の時にストライクショットの使用が選択可能。中には、ボスをワンパンする強力なものもあります。

~属性とは?~

キャラには属性が必ずありますが、複雑なシステムではなく、炎→木→水→炎にそれぞれ強いとなっており、自身が有利属性なら与ダメージ増・被ダメージ減となりかなり楽に攻略できます。光・闇はそれぞれ与ダメージ増・被ダメージ増で対等な関係。

ちなみに、アビリティによって「属性キラー」「属性耐性」などもあり、有利属性をさらに有利にするキャラが特に重宝されます。

③キャラ育成

~レベル上げ~

レベル上げは、キャラに「亀」という経験値素材用モンスターを合成することで行います。また、「タス」とよばれる素材でさらに能力を上乗せできますが、上乗せできる上限はそれぞれ決まっています。

レベル上限に達したキャラは、「進化」「神化」が可能となり、「進化」の必要素材集めは各種属性進化素材の曜日クエストやノーマルクエストのクリア報酬で、「神化」の必要素材は降臨キャラのモンスターとなっています。

しばらくは「進化」の方が難易度が低いため、こちらを選択することになります。強キャラの「マナ」は進化の友情コンボが強力なので、しばらくは進化で大丈夫でしょう。

一部の古いキャラは「獣神化」と呼ばれるもう一段階上の育成もあり、こちらには「獣神竜」と呼ばれる素材モンスターが必要。序盤はちょっとクエスト難易度が高いので、★6キャラが3体揃ってから挑む方が良いです。

マナは進化でも神化でも強いですが、一般的には進化の方が使用頻度が高め。

ちなみに、「獣神化」は古くからいるキャラを現環境に適応させるための救済措置のような扱いです。獣神竜は月曜は「闇」、火曜は「火」、水曜は「水」、木曜は「木」、金曜は「光」が入手可能ですが、ドロップ率はかなり低いですので、根気よく集めましょう。

~わくわくの実~

ランクが50に達すると「英雄の神殿」というクエストに挑むことができます。ノーマルクエストは通常のクエストより経験値が多めですので、ノマクエを進めているとそのうち到達することになります。

「英雄の神殿」では、「わくわくの実」というものをキャラに付けることができ、攻撃力アップやスピードアップ、友情コンボの威力アップや経験値獲得量アップなどの効果を得ることができます。

基本はガチャ限定キャラのみに付与可能ですが、一部の降臨キャラにもつけることができます。 獣神化キャラは2つのわくわくの実が付与可能!

③追憶の書庫

ランク70で追憶の書庫がプレイ可能に。こちらは降臨キャラのスケジュールを気にせずに、いつでもクエストがプレイ可能。その分、消費スタミナは通常クエストより少し多めで、一日のプレイ回数限度も決まっています。

初めのうちはノマクエを進めてランク70まで上げて、追憶の書庫の中でも比較的簡単で強力なキャラを運極にしていく事になります。

ノマクエを進めると配布される「サンクチュアリドラゴン」通称サンドラは「アンチ重力バリア(AGB)」のギミックに対応していますので、基本は重力バリアがメインとなっているクエストから徐々にクリアしていきましょう。

④期間限定イベント

期間限定イベントにも、重力バリアのみの対策でクリアできるクエストもありますので、サンドラで十分な場合があります。そういったクエストは積極的に周回していきましょう。

まとめ

モンストは自由度は決して高くないゲームなのですが、色々な要素がありつつそれがかなりの完成度でバランスが取れたゲームです。課金者ですら、リアルマネーの一般的な消費量まで計算されている感じはさすがの一言です。

はじめは結構、運極などは面倒に感じてしまいますが、やっていくにつれてじわじわと面白くなっていくゲームです。

コラボイベントも頻繁に開催されていますので、気になったコラボの時に始めてみるのも良いかもしれませんね!