消防設備士の親玉的資格!消防設備士甲特類

甲特類とは?

甲特類は特殊消防設備です。甲1~5類の発展型・複合型の設備になっています。甲種全ての親玉的資格と言い換えても良いかもしれませんね。

どの類にも当てはまらない完全に特殊な設備もありますが、火災に対応できる設備の構成の基礎はおおまかには変化はありません。基本的には、特類の認定をされてから、ある程度の知見が蓄積されると、1~5類のどれかに収まる形になります。

甲種各類の技術をしっかりと理解しておけば、特類の試験にも対応可能です。

試験内容は?

消防法令、火災・防火の知識、構造・機能の3科目。出題比率で言えば、各科目ともに、1~5類からの出題が非常に多いです。問題集等は売らずに取っておきましょう。

オススメ参考書・問題集

防火・火災に関する知識としては、「建物と火災」から出題された部分もありました。建築関連の知識などはビルメンや設備担当者はあまり持っていない人も多いはずなので、一度読んでおくと点数の底上げになります。

また、「建築消防」も参考書として非常に役立ちます。消防設備全体がこれ一冊で整理されていますので、全体像が掴みやすいです。1~7類の知識だけでなく、消防に関する細々とした質疑応答例も載っていたり、実務にも役立つ内容になっています。

建設業を経験した方は購入させられたことがあるかも?古いのでも十分役立ちますので、過去の本を使用してみましょう。

特類専用の問題集も一応ありますので、学習の補助に使いましょう。ただし、1~5類の問題が少ないため、以前の受験時の本でしっかりと復習をするのがベストです。

設置基準の確認くらいであれば上述の建築消防の方が見やすくまとまっています。

まずは他類を全て揃えてから

甲1~3類のうちから一つ、甲4類、甲5類を所持していれば、甲特類の受験資格をもらえますが、どうせなら全て取得してからが良いです。

甲特類は各類の知識を証明する資格としての性質が大きいので、先に取る意味はあまりありません。

特類まで取得するのは趣味の領域になってしまう場合が多く、実用性はありませんが、「消防設備士を全類取得した」と言うことができるので、肩書的な役割を果たしてくれます。

4類以外の危険物取扱者と同じく、特に受験する手ごろな資格がない場合、会社への向上心アピールとしての取得が一番有効かもしれませんね。