【電験1種勉強日記(4)】勉強量を増やすかどうか‥。他試験との兼ね合い

在宅勤務が増え、満員電車で体力を消耗することなく、その分時間も増え勉強の余力ができました。‥とはいえ、当初の予定よりも勉強量を大幅に増やすかどうか、ちょっと検討中。

電験1種は法規のみ科目合格すればよいかな、という認識だったのですが、「頑張れば1次全て合格、もしくは1科目残しくらいでいけるのでは‥?」という欲が出てきました。しかしそれでは勉強量は単純な4倍ではなく、法規より時間の必要な理論等も勉強する必要があるため、6倍くらいになるか。なんか無理な気がする‥。

宅建士も今年度受けるのですが、仮にスムーズに1種と並行して1次突破できても、9月~10月前半は宅建士に勉強時間を充てざるを得ず、2次試験の勉強なんてとても無理。素直に当初の予定の法規突破&宅建士合格を確実にしていく方が良い‥。

宅建士は本当は去年受験する予定で、結構勉強済みなのですが、案外忘れている部分も多く、予定よりも勉強時間をかけた方が安全そう。1種の法規にしても、「落ちるなら落ちるでいいか‥」くらいのペースだったので、むしろ今回の在宅期間増でようやく両立ができるようになったレベルか。

欲を出さず、当初の予定を確実に達成できるようにすべきな感じ。宅建士さえ終われば、来年以降は電験に集中できるはずなのでもう少し楽になるはず。幸い、電験1種はよさそうな問題集も購入しました。

そろそろ過去のテーマ別1・2種では最新問題に対応できないかもと思っていたのと、単純に解く問題数を増やしたいのもあります。欲を出さず今回は法規のみにしておきますが‥。

GW中はあれもこれもとやることを増やしたくなりましたが、結局は1年でやれる総量なんて大きくは変わらない。地道に少しずつ、積み上げていきます‥!