とうとう自分も在宅勤務に。通勤が減り、自宅で自由に作業可能だが‥。

前職では常駐員としての勤務だったため、在宅勤務なんてありえない状況でしたが、今はどちらかといえば事務職よりの業務が多いため、在宅勤務は一応可能。世間では在宅勤務やテレワークが増えてきましたが、とうとう私もその流れに乗ることになりそう‥。

とはいえ、まだ環境は完全に整っておらず、この状態が長引くのかどうかも不透明。国から雇用維持の会社には補助も出るようだし、簡単に解雇とかにはならないでしょうけど、今までのような働き方を根本から変える機会となりそうです。

結果的に、「不要不急の業務をしている」と認識できなくもないのだけど、数日誰かがいなくても回るようになってないと仕事としては微妙なわけで、まあ必要とはされていなくはないのだろう‥。自分の仕事上の役割・存在意義に疑問を持ったこともありましたが、解雇者がでないということは必要だということ。気にしてもしょうがない。

今回のことで、移動が大幅に楽になりました。人は減っているし、一日在宅勤務の時はおよそ4時間くらいの時間が増えることになる。厳密には通勤時間中もニュース読んだりツイッターみたりしてるので、時間が純増するわけではないけれど、自室での時間が増えるのは貴重。

この4時間を丸々勉強に充てたら、今年はかなりのボーナスタイムでは。(もちろん在宅勤務中は会社端末から音・映像・位置情報などを記録されてますので、勤務時間以外でする必要はありますが)

不謹慎かもしれないけど、今単にゲーム等に興じるよりも、自己投資の時間としてしまった方が確実にお得。ある意味「ピンチはチャンス」の状態。

ここで無意味に過ごすか、気合を入れるかで差がついてきそうです。もちろん、遠隔での業務のこなしかたも見られているはず。仕事も、勉強も、ついでにブログも、気合入れて頑張る時期にしますよ‥!