他人に興味なくても‥周囲の観察は怠らずに!

私はあんまり他人に興味がなく、「他人に興味がない」って悪い意味で使われることが多いですし、直した方が良いかな?と思った時期があります。

でも、案外こういう他人に興味ない人同士だと割と心地よかったりするんですよね。「他人に興味ない」=「コミュニケーションが下手」となるとは限らないということですね。

興味なくても他人は観察できる

以前に勤めていた会社で、受付も兼ねた部署に所属していましたが、その中の一人にやけに人の顔を覚える人がいました。毎日たくさんの人が来て、中にはめったに来ない人もいるのに、ちゃんと把握している‥。「人に興味があるから覚えられるんだね~」と誰かが聞いていましたが、「興味は全然ないけど、覚えた方が仕事上いいかなと思って、覚えている」という答えでした。

なるほどな、と思いました。もちろん、得意不得意があるでしょうけど、意識して他人を観察するようにすれば、たとえ他人に興味なくとも相手のことを知ることができます。しっかり知れれば、対応の仕方も適切にできる‥。

この方法はまだ自分ができているとは言い難いですが、目指すべき一つの方法として心に刻んでいます。

まとめ~興味なくとも、知る努力くらいは‥

お互い興味ない同士の方が結構居心地の良い空間になったりしますが、お互いを知らないのはそれとは別。特に仕事で頻繁に会う相手くらいは、知る努力はしておきたいですね。

私はまだまだその域ではありませんが、目指すべき道として、精進していきます‥!