【健康・ダイエット】出先・持ち運びにはタブレット型プロテインが便利!

健康意識が高まっている昨今、ダイエット目的でプロテインを飲む人も増えてきたのではないでしょうか。

特にダイエット中だと食事制限をしていますし、たんぱく質が不足しがち。ほぼたんぱく質のかたまりであるプロテインを定期的に摂取することが必要になります。

‥しかし、仕事中や出先でプロテインシェーカーなどで悠長にドリンクを作ったりすることは可能でしょうか‥?実際のところ、面倒だし周囲の目が気になる‥という場合、プロテイン摂取を諦めざるを得ません。

しかし、タブレット型のプロテインであれば、サプリメントのように水と一緒に飲みこむだけ‥!出先でも、お手軽にプロテインが摂取できてしまいます。オススメはKentaiのPOWER PROTEIN TAB。

タブレット型プロテインの良い点・悪い点

良い点

タブレット型であれば、水やお茶などのペットボトル飲料があれば、出先でも簡単にプロテインが摂取できます。

粉のプロテインでも、直接口に入れて口の中で溶かすという飲み方もあるにはありますが、粉がこぼれる危険性がありますし、万一せき込むと悲惨です。

同じく持ち運びに便利なプロテインバーと比較すると、バーは脂質高めのものが多くダイエットには向きません。タブレットであれば、粉状のプロテインと同じく低脂質。健康的にたんぱく質が摂取できます。

悪い点

ダイエット中であれば、もちろん食事制限を行っているはず。となると、甘いものを摂取できる機会は、プロテインを飲むときくらいになってしまうことも。

長い目で見るとそのくらいの過酷な食事制限を継続するのはどのみち無理がありますが、短期で成果を出したいときにはプロテインこそが食のオアシス的な存在になっている‥。そんな状態では、飲み込むだけのタブレットはややもったいないかもしれません。

おいしさでいえば、粉状プロテインやプロテインバーの方が勝りますからね‥。

まとめ~継続してダイエットに臨むならタブレット有利!

短期集中型ダイエットであればおいしさも大事です。しかし、無理なく生活習慣の一部としてプロテインを取り入れる場合、タブレット型の方がいつでも摂取できて便利。

ぜひ、粉型からの切り替えも検討してみてはどうでしょうか‥!