【スパクロ】「スターダスト・ネビュラ」開催!ガンダム0083が期間限定参戦&グレンダイザーΩ登場!

今回の強敵イベントではガンダム0083より試作1号機Fb、試作2号機が期間限定で登場。低コストなのであまり環境には影響ないものと思われますが、好きな方は確保しときたいですね。

Ωユニットはグレンダイザー。補完計画などでもΩユニットは特に力が入っていましたので、長い目で見たらΩユニットを育成するのが無難になっていきそうです。

ちなみに、もし有償石で回すなら、ステップアップガシャだけでなく、ミニステップアップガシャを選択する手もあります。運が良ければR素材を確保しつつ、少なめの石で特効1体を確保することも不可能ではありません。複数体特効が欲しい場合には向きませんが。

以下、今回ガシャのユニット性能感想を書いていきます。

「スターダスト・ネビュラ」イベント支援フェス

ガンダム試作1号機Fb

Vコスト4・シューター

コスト4ながら、前後1マスと自分自身に回避+50%、行動力+500の位置バフを撒けます。タフネス持ちなので、多段ヒット全体技でなければある程度は生き残ることも可能。

基本能力は命中+100%、回避+150%、行動力+1500と控えめですが、「自分のターン開始時、味方の回避率+10%」を持ち、自身が落ちても残る回避バフを撒けます。さらに、ヒートアップLv.2を持ち、攻撃力・命中も決して低くはありません。

とはいえ、耐久力は半端な回避とタフネスのみで、最近の環境では簡単に落ちてしまう性能。せめて強化タフネスだったなら‥。

PAは一気呵成+闘争心+軽減無効必殺の構成がオススメ。精神はPPの突撃で。場合によっては、コア獲得しつつ火力役も担えます。ターンアップによる全体回避バフも複数回狙いたい所。

Nモードでは中確率スロウ持ちのシューターとして。攻撃速度大アップもあり、スロウ付与がしやすいです。また、コア1の必殺にはバリア貫通と吹き飛ばし効果付き。

ガンダム試作2号機

Vコスト6・ファイター

コア消費7のアトミック・バズーカが特徴的。バリア貫通と装甲無効はないものの、命中補正+100%・分身無効・反撃無効・防御無効・軽減100%無効・行動ゲージ100%減少・与ダメージ分浸蝕の威力380%全体必殺です。

基本能力はCRTダメ+50%、命中・装甲+200%、回避・防御確率+100%、防御性能+40%、行動力+1500、最大HP+20000。さらに、バトル開始から1ターン攻撃力・命中率+200%持ち。

行動力こそ低いものの、不動Lv.2で状態異常耐性+100%、行動ゲージ減少無効があるため、ゲージ減少で封殺はされません。軽減は特殊装甲で65%、装甲値も自バフと合わせて高め。強化タフネスが2回しかない点と、状態異常耐性が低い点が気になりますが‥。

命中はマークスマン+命中アップで+300%できます。基本アビと合わせて1ターン目は+700%。これに装甲無効必殺・軽減無効必殺あたりを足したい所。1ターンしか命中が足りず、浸蝕があるとはいえ多段ではなく‥。まあ、コスト6ですので仕方ない所。

Nモードでは装甲一部無効化のファイターで、一部高装甲の征覇ステージに有用。さらに、必殺は全範囲にバリア貫通特大ダメージ&高確率暗闇・燃焼・回復阻害効果付き。

ネピュラエンジン・インパクター

Vコスト6・ディフェンダー

命中+200%・防御確率+100%・防御性能+40%・最大HP+30000。さらにHP1/2以下でCRTダメ・命中率+150%、行動力+2000。その上、敵からダメージを受けるごとに、HP10%回復・1ターンCRTダメ・命中+30%・行動力+500。

強化タフネスが2回、特殊装甲で50%軽減があるため、軽減が相手に無効にされづらく耐久は高め、ピンチ時能力も発動しやすいです。

しかし、基本行動力は低め、必殺のコア消費は6と重め。耐久要員&Vコスト6で常時コア不足気味なのは少し辛い。

命中アップ+ガンファイト+マークスマンの構成は取れるので、少しだけ耐久しつつ高命中の攻撃を叩き込みたい時に有用。特に相手の軽減無効量が大きいけど、特殊装甲剥がし持ちがいない、なんて場面で輝きそうです。

Nモードでは貫通無効持ち。また、状態異常にならず吹き飛ばし無効。防御時のダメージ軽減率大アップ、1回ダメージを受けるごとに装甲大アップなど、完全に耐久壁用ですね。

グレンダイザー(Ω)

Vコスト10・ディフェンダー

攻撃力・CRT率・防御性能+50%、命中・装甲+300%、反撃確率・防御確率+100%、行動力+1000、最大HP+35000。反撃用に通常攻撃も防御無効・分身無効・軽減50%無効・バリア貫通、さらに通常攻撃成功時HP20%回復&状態異常を解除。

敵からダメージを受けるごとにHP15%回復、70%で虹コア獲得・1ターンCRTダメ・命中・装甲+50%、行動力+500される被弾強化系。それでいて、自分自身と後方1マスの味方のCRTダメ・命中+100%、ダメ軽減+30%、行動ゲージ減少無効の位置バフあり。

タフネスは残念ながら強化タフネスではありませんが、2回。位置バフ以外にダメ軽減が+35%あり、PA無しでも合計65%。状態異常耐性は+100%。

PA未育成だと、火力が足りない印象です。Ωガンバスターなど、毎ターンHP回復するようなタイプの相手には耐えられてしまうこともあります。

火力も命中も行動力も上がるマークスマンの最大育成は必須。軽減115%となるガードも付けたい所。あとはHPアップか命中アップを場合に応じて付け替える感じかも。装甲が有効な相手には装甲アップや底力も検討したいですね。

注意点として、CRT率をVパで補助しておかないとせっかくのCRTダメアップを活かせませんので、基本アビのCRT率+50%と合わせて、可能ならCRT率100%を目指しましょう。

Ω化できていないなら、CRT率補正が+50%のダブルハーケンを選ぶ手もあり。単体なので、防衛に置く場合は回避壁に止められやすくなってしまいますが‥。

Nモードでは装甲特大アップ、ボスWAVE時さらに装甲特大アップ、HP2/3以下でさらに装甲特大アップなので、装甲が必要なステージは大抵行けそうです。通常攻撃の範囲拡大も所持しています。必殺に高確率スタンあり。

まとめ~Ωユニットは今後も強力?

ユニット補完計画と言いながら、現状はΩユニットに対しての措置がほとんど。やはりΩユニットを確保しておくのが安牌と言えるのかもしれません。

私も最近Ωガンバスターのヒートアップをレベル2にするなど、Ωユニットの育成に戻りつつあります。直近カマーのアシュレイ&レイラが回避&タフネス壁になってくれてガンバスターのヒートアップがしやすい‥!(ドリン&リーゼ相手なら普通にアキト入れた方が強いですが‥。)

今後もΩユニットには力を入れて来そうです。特効は1体くらいないと強敵イベントの連戦が結構きついので、狙ってみるのもアリかもしれませんね‥!