【スパクロ】低コスト帯でも有力なPP育成候補が多い!キリコ・カタリーナ・トビアなど

※現状では環境が大きく変わり、一部のユニットは型落ちになっています。最新で強い低コストユニットは下記リンクに改めてまとめました。

【スパクロ】低コストで強力ユニットとは‥?サポートができ、かつ一芸に秀でているなど

コスト制アリーナ、引き続きコスト14のZEROや天元が猛威を振るっています。

しかしこれらのユニットの欠点は低命中・低回避。避ける機体であったり、高火力で押し切るタイプのユニットには弱いです。

それを補うのが低コスト帯の高命中・高回避ユニット。いくつか有用なユニットをSR含めて色々使っているのを見かけますが、将来性を考えるとコスト4かコスト2のSSRを専用化してコスト1下げられるのがベスト。

中でも特に良く見かけるのがキリコ・カタリーナとなりますので、簡単に感想など書いていきます。

天元・ZEROのお供に~低コスト帯ユニット

キリコ機(コスト2~6)

天元やZEROのお供の定番ともいえる存在になってきた感のあるキリコ。大器なら元々のアビも強力なため、当てて避ける強力な機体に。

必ずしも生き残り続ける必要はなく、ZEROの3連攻撃や天元の必殺が間に合うまでの時間稼ぎをしてくれれば十分です。もしくは、ZEROで当てられない回避率のユニットを高命中で仕留めてもらうか。天元なら時間を稼げば高命中に。

キリコPPの魅力はやはりタフネスと底力。大器ならばHP1/2以下で命中+270%、回避+270なため、直感と素の命中率を合わせて命中は+470%。底力を合わせれば最大+630%もの命中率を誇りますので、回避特化の編成でない限り当てることが可能。

さらにPPのタフネスを最大まで育てればレントン型タフネス(HP1/5で発動・回復20%・3回)となります。これに底力の回避と合わせて回避+430%、直感使用中なら+530%‥!十分な時間稼ぎとなります。

天元・ZERO+キリコでコスト14+コスト6ですが、最大育成してしまえばコスト13+コスト5となり、コスト2のFカタリーナも入れることが可能‥!カタリーナについては後述。

ちなみに、コスト2やコスト4のキリコを使う手もあります。単にタフネス+底力目当てなら、十分に役立つはず。

カタリーナ機(コスト2~6)

大器となって登場したカタリーナ。大器は単独で回避率がかなり高く、直感・感応持ちで命中率もそこそこ。キリコ同様の活躍が見込めます。

しかし、カタリーナの真骨頂はコスト2帯のサポート機の多さでしょう。特に命中サポートが手厚い傾向にあり、装甲の補助もできる場合も。そして感応持ち。

感応を活かすなら生存率の高い大器カタリーナ(コスト6)を使いたい所ですが、バフ目当てならコスト2で閃きの選択もアリ。少しでも生存率を上げましょう。

体操服PPなら最大育成で「一気呵成(バトル開始から2ターン、味方の行動力をアップ)」を取得可能。最大1000。少し鈍足気味な天元やZEROのサポートにばっちり。

単独での生存率アップなら、居眠りPP。回避アップ+スピードスターで回避率が最大+300%となり、回避編成にも使えるレベルに。

低コストでも大器でも使える点ではキリコ同様。最大育成時の組み合わせも考慮したいですね。

番外編・トビア機(コスト2)

天元・ZERO編成の攻撃に耐えられる防衛手段として、回避編成が上げられます。もちろん前述のキリコやカタリーナで対応されている場合は厳しいこともありますが、まだまだ高命中のユニット育成には手を付けていない人は多いです。

そこで、回避率+50%のリーダースキルを持つトビアが有力。なんとこれでコスト2。育成すればコスト1‥!

そして有力サポーターとして多用されているカタリーナの体操服PPと同じく、一気呵成持ち‥!残念ながらアビコストの関係上、タフネスと同時に使用することはできませんが‥。早々に落とされること前提と思えばまあ良しです。

トビアは覚醒からも取得可能。取っていない方はぜひ‥!

高命中機・ウイングゼロ(コスト10)

こちらは高コスト機となりますが、高命中でネーナ含めてずばっと撃ち抜きたい方にオススメのユニット。というか、私は回避編成を組んでいるんですが、ウイングゼロが苦手なんですよね‥。

回避編成の場合、大抵ネーナが時間稼ぎとして組み込まれている場合が多いはず。大器カタリーナもターン数経過での回避アップが軸なので、自分のターンが回ってこないと厳しい。

ウイングゼロの恐ろしさは、命中アップ+ガンファイト+マークスマンで最大命中+450%なんてことになる点です‥!それでいて、狙撃で+100%、必殺で+50%、アビで+130%。配布のボン太くん(コスト4)あたりで+50%すれば、驚異の命中+780%‥!リーダースキルや他バフ機次第ではまだ伸びます‥!

この高命中で1ターン目の行動力は+2800。マークスマンならさらに+1500。命中が足りていたら行動アップでさらに+1500しても良いわけで‥。これはとんでもない‥。

対策としては、アルビオンや育成キリコなどのタフネス持ち。守りは弱い傾向にあるので、狙撃を使わせた後にじっくり狩れば問題はありません。

とはいえ、ウイングゼロの存在によってタフネスを持たない大器カタリーナは若干編成が縛られることに‥。なんともやっかいな存在‥。自分で使う分には楽しいんですけどね。

まとめ~戦艦次第だが、回避・命中も大事に!

現状のアークエンジェルの威力では、回避編成のユニットを倒すだけの火力はありません。のんびりしていたらガーディアンが登場してきますし‥。

必中とは言え、高威力であったり、ヒット数の多い戦艦攻撃が出てこない限り、しばらくは回避編成が有力。同様に、回避編成を打ち破る高命中機も大事に。

天元やZEROだけでは回避に対応できませんが、キリコ・カタリーナなどを混ぜてみることによって活路が見出せるかもしれません。

手持ち素材と相談しつつになりますが、低コスト機も育成していきたいですね‥!